ホーム > 会社概要 >  経営・広報 ニュースリリース > 「第4回 医療機器 開発・製造展(MEDIX)」に初出展します

経営・広報 ニュースリリース

「第4回 医療機器 開発・製造展(MEDIX)」に初出展します

 アヴァシス株式会社(本社:長野県上田市、代表取締役:小笠原 俊彦)は、2013年6月19日(水)から東京ビッグサイトで開催される、「第4回 医療機器 開発・製造展(MEDIX)」に初出展します。

 当社は、医療機器のOEM・ODM、医療機器向けソフトウェア開発委託をご検討されているお客様向けに新設された「OEMゾーン」にブースを出展します。「AVASYSバリューチェックモデル」と「AVASYSリボンモデル」という二つの開発モデルを柱とした、ソフトウェアの受託開発サービスおよびITサービスのご提案と、そのサービス事例をご紹介いたします。

 多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。



■「第4回 医療機器 開発・製造展(MEDIX)」出展概要

日時 2013年6月19日(水)~21日(金) 10:00~18:00 ※最終日のみ17:00まで
会場 東京ビッグサイト
東京都江東区有明3-21-1  地図はこちら
出展場所 東展示場  小間No.59-21
出展内容 @SpeedMVPサービス(仮称)
実用最小限にこだわり、お客様がお持ちのデバイスやハードウェアを用いた試作やデモを、短期間でカタチ(具体化)にします。医療用デバイスの様々なシーンでの活用方法もご提案します。

サービス事例:
「なんでもリモコン」:
リモコンに見立てた超小型三軸加速度センサーモジュールを、上下左右に動かすだけで、対象機器を操作可能にしています。
超小型三軸加速度センサーご提供:新光電気工業株式会社

「ぶるぶる受付」:
ぶるぶる震えるタッチパネルを、病院の受付端末として利用したデモンストレーションです。
ブルブルタッチ(ハプティクス)液晶モニターご提供:ロジテックINAソリューションズ株式会社

@SpeedProxサービス(仮称)
要求があいまいだけど動くものが欲しい。そんなお客様には、見積もり時からプロトタイプを作成し、プロトタイプを元にゴールを共有しながら、開発を進めます。リファクタリング案の提示も可能です。

サービス事例:
「無電源人感センサー」:
EnOceanのエナジーハーベスティング(環境発電)技術を用いた、無電源の人感センサーと無線通知のデモンストレーションです。無線通知されたデータは、クラウドへアップロードされます。
機材ご提供:サイミックス株式会社
EnOceanアライアンス

「無電源スイッチでロボット操作」:
EnOceanの無電源スイッチでロボットを操作します(教育用LEGO®MINDSTORMSを操作)。
スイッチ出力をGatewayソフトでコマンド化する事でロボット操作を可能にします。

@CtoSystemサービス(仮称)
アイデアをシステムに。ハードウェア(FPGA)の導入で、医療機器システム全体のパフォーマンスを上げたい方や、省電力を目指す方向けの、ソフトウェアアルゴリズムをハードウェア化するサービスです。
@Qualityサービス(仮称)
医療機器向けソフトウェアの第三者検証や、ソフトウェア開発支援、開発文書の品質向上など、ソフトウェアの開発品質向上を支援する各種サービスをご紹介します。
ソフトウェア受託開発サービス
組込ソフトウェア開発(医療機器向けファームウェア、ドライバソフト、アプリケーションソフトなど)、業務アプリケーション開発(医療業界向けソリューション、Webアプリケーション、データベース、保守・運用など)の事例をご紹介します。

サービス事例:
「電子ペーパー×NFCで 病院内案内/検査案内」:
2インチの電子ペーパー端末とNFCを組み合わせることにより、検査の混雑状況を把握し、
受診者を誘導するデモンストレーションです。
機材ご提供:丸文株式会社

わかりやすく伝えるサービス
医療機器のマニュアル制作、海外30か国語以上に対応した翻訳サービス、誰でも簡単に動画のマニュアルがつくれるソフト「アッとマニュアル」を組み合わせ、相手に伝わるマニュアルを制作します。


■事前登録、展示会招待券のご請求
「第4回 医療機器 開発・製造展(MEDIX)」公式サイトはこちら

展示会招待券(無料)お申込み により、登録完了のメールが送信されます。メール内のe-招待券をプリントアウトして当日展示会受付までご持参ください。

MEDIX_2013_banner.jpg

※本リリースに関するお問合せは、経営企画室 広報担当 (TEL. 0268-37-1211)まで


経営・広報ニュースリリース一覧へ

このページの先頭へ