ホーム > 会社概要 >  経営・広報 ニュースリリース > 第7回「国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJapan)」に出展します

経営・広報 ニュースリリース

第7回「国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJapan)」に出展します

  アヴァシス株式会社(本社:長野県上田市、代表取締役:小笠原 俊彦)は、2015年1月14日(水)から東京ビッグサイトで開催される、第7回「国際カーエレクトロニクス技術展(オートモーティブ ワールド2015内)」に出展します。

  会場では、"フロントローディングのAVASYS"、"高信頼ソフトウェア開発"をコンセプトに、車載システム開発サービス、開発文書の品質向上サービスをはじめ、アルゴリズムの高速化や第三者検証サービス、および多言語翻訳・取扱説明書制作サービスをご紹介いたします。

  多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。



■第7回「国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJapan)」 出展概要

日時 2015年1月14日(水)~16日(金)10:00~18:00 ※最終日のみ17:00まで
会場 東京ビッグサイト
東京都江東区有明3-21-1  地図はこちら
出展場所 西展示場  小間No.西1-22
出展内容 高信頼の車載システム開発
急激な自動車の電子化にともない、高品質なソフトウェアが求められています。快適な車内空間の創造、そしてなによりも安全な自動車制御の実現に向け、当社がお手伝いします。当展示会では、ECU開発、車載システム・スマホ・Web連携システムの事例を紹介します。(モデルベース開発、機能安全ISO26262)

開発文書の品質向上サービス
ソフトウェア開発において、作業の欠陥を除去する作業は後工程になるほど影響が大きく、対応が複雑になり、コスト増加につながります。 アヴァシスでは、特に開発文書中に含まれる「あいまい表現」に着目し、教育とツールを組み合わせたライティング知識習得と文書品質の可視化のための、「開発文書の品質向上サービス」を提案いたします。

CtoSystem ~アルゴリズムをFPGAへ~
自社の持つソフトウェア開発技術と、高位合成やFPGA分野で長年ビジネスを展開している株式会社ソリトンシステムズの持つ技術・ツールを融合した、ソフトウェアアルゴリズムのハードウェア化サービス「FPGA搭載システム化サービス」を提供しています。

MVP開発サービス
アヴァシスでは、新規開発のデバイス商品や、各種機器について、お客様と共に効果的なソフトウェアプロモーションを考えて、小さく、早く、試作するサービスを提供しています。 「価値」を重視し、スピードにこだわり、小さくリリースすることは、あらゆるムダとリスクを排除することにつながります。

ソフトウェア第三者検証サービス
20年間、3,000プロジェクトの実績から、お客様の様々なケースに対し最も適した第三者検証サービスを提案します。第三者検証サービスは、ソフトウェア開発と一括して対応することはもちろん、工程単位でのスポットテストなども柔軟に対応します。

多言語翻訳・取扱説明書制作サービス(組み込み文字列多言語化)
翻訳された文字列の品質向上と翻訳コスト削減のための提案をいたします。
翻訳文字列のデータベース構築から翻訳支援ソフト用テンプレート開発まで、多言語化に課題をお持ちの方は是非お立ち寄りください。



■ブースご来場のご予約
  弊社ブースへご来場され、詳しい説明・商談をご希望のお客様は、お手数ですが以下の連絡先より、ご来場日時をご予約ください。ご予約の日時に、弊社担当者がブースにて対応させていただきます。

アヴァシス株式会社 事業推進3部 営業担当
TEL. 0268-37-1350(直通)
E-mail. ava-bz@avasys.jp


■事前登録、展示会招待券のご請求
第7回「国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJapan)」公式サイトはこちら
展示会招待券(無料)お申込み が完了いたしましたら、招待券(PDF)をダウンロードいただけます。プリントアウトして直接会場までおもちください

carele_2015_banner.jpg automotive_2015_banner.jpg

※本リリースに関するお問合せは、経営企画室 広報担当 (TEL. 0268-37-1211)まで


経営・広報ニュースリリース一覧へ

このページの先頭へ