ホーム > 製品/サービス > カレンダー作成ソフト 私暦 >  ニュースリリース > 2016年 改正祝日法施行への対応について

ニュースリリース

2016年 改正祝日法施行への対応について

毎年8月11日を「山の日」と定める改正祝日法が成立し、2016年から施行されることとなりました。
私暦で2016年以降のカレンダーを作成していただく場合は、以下のとおり祝日表示の修正をお願い致します。

なお、販売終了のお知らせ(2014年5月21日付け)のとおり、修正用プログラムおよびバージョンアップ版の配布は致しません。あらかじめご了承いただきますようお願い致します。


◇手作業での修正方法

1.作成したカレンダーの8月のページを表示させる。
2.8月11日の数字「11」をダブルクリックし、「[8月11日]のプロパティ」画面内の「色」の選択肢から
  祝日表示色(標準:赤色)を選択の上、「OK」ボタンをクリックする。
  ※[設定]-[フォントと色]メニューから標準の祝日表示色の設定を変更している場合は、変更設定し
 た表示色を選択する。
3.8月11日の数字「11」の下(スケジュール表示スペース)をダブルクリックし、開いた「スケジュール
  のプロパティ」画面内の「追加」ボタンをクリックする。
4.「スケジュールの追加と編集」画面内の「予定」欄に「山の日」とテキスト入力し、「OK」ボタンを
 クリックする。
5.「スケジュールのプロパティ」画面内の「OK」ボタンをクリックする。

【補足事項】
・上記3、4、5の作業は、作成時に「祝日」表示にチェックを入れた場合(標準:表示にチェック)のみ
 必要な作業となります。
・8月11日のスケジュールに他のスケジュールがすでに設定されている場合は、上記対応をしてい
 ただいてもカレンダー上に「山の日」テキストが表示されない場合があります。表示させるために
 は、「スケジュールのプロパティ」にて各スケジュールの表示順を変更していただくか、カレンダー
 レイアウトを変更していただく必要があります。
・上記修正作業は、作成するカレンダーファイルごとに行っていただく必要があります。


私暦ニュースリリース一覧へ


  • ITサービス
  • 採用情報
  • 会社情報
  • ビジネスパートナー募集
このページの先頭へ