経営・広報 ニュースリリース

「2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム」において論文発表します

エプソンアヴァシスは、2020年1月28日(火)~31日(金)にかけて開催される「2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム」において、当社 三重野 武彦が 吉村 東悟氏(信州大学 大学院総合理工学研究科)、荒井 研一氏(長崎大学 大学院工学研究科)、岡崎 裕之氏(信州大学)、布田 裕一氏(東京工科大学 コンピュータサイエンス学部)との共著にて、「ProVerifを用いたMD変換の形式化」に関する論文を発表します。

「ProVerifを用いたMD変換の形式化」は、ブロックチェーンの根幹要素技術であるハッシュ関数の安全性と、実用化に向けた検証について学術的に証明するものです。

【開催概要】
日時:2020年1月30日(木) 15:50~17:30
場所:ザ・クラウンパレス新阪急高知
プログラム番号:3A4-1

詳細は「2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム」のホームページをご覧ください。
https://www.iwsec.org/scis/2020/index.html

【本件に関するお問い合わせ先】
エプソンアヴァシス株式会社
Pプロジェクト 担当:三重野

経営・広報 ニュースリリース一覧へ

このページ先頭へ