アプリケーションエンジニア

開発スキルと、
ニーズを探る
スキルの2本柱に。

Profile
新井 雄貴2013年 新卒入社
Profile
新井 雄貴2013年 新卒入社

わたしの仕事

産業向けロボット制御アプリケーション(Windowsのアプリケーション)の開発チームに所属しており、GUIの設計/実装がわたしの担当です。

現在は、既存アプリケーションを新たに作り変える業務を行っています。

画面のUIを、現代のデザインに合わせたモダンなものに変更すること、そのなかで既存の機能を維持させることは必要最低限の仕事です。しかしただ作り変えるのではなく、さらにアプリケーションの付加価値を高めていくことが重要です。そのため先ほどの必須要件と並行して、使い勝手の向上、そして保守性や拡張性を高めることも目指しています。

アヴァシス社員の人柄に惹かれて。

学生時代は情報系の専攻ではなかったのですが、1コマだけあったプログラミングの講義で「楽しい」と感じたことがきっかけで、この職種を希望するようになりました。

地元である長野県の企業に絞って就職活動をするなかで、自分自身が将来働いている姿を最もイメージできたのがエプソンアヴァシスでした。会社の立地や外観、開発居室の雰囲気、いきいきと働いている先輩社員の姿が非常に印象的だったことから、入社を決めました。

海外の人との関わりが、自分を強くした。

以前の職場で海外のメンバー・お客さまといっしょに仕事をしたことがあり、その経験が、自分を大きく成長させてくれたと思っています。一番はコミュニケーションの部分です。時差のある地域とのコミュニケーションを経て調整力を身につけることができましたし、言葉や文化、立場の異なる人同士で、お互いに尊重しあいながら仕事を進めていった経験は、国内外関係なく今後の業務に活かしていけると思っています。

このような経験を通して成長してきた今、わたしが大切にしていることは、自立とコミュニケ―ションです。分からないこと、経験のないことでも、まずは調べて自分でやってみることを心がけています。

またコミュニケーションにおいては、お互いが納得感を持って次のアクションに移れるよう、相手の話をしっかりと聞いて理解すること、そして何より笑顔でいることを意識しています。

大切なのは「使う人」を理解すること。

言われたものを作るだけでなく、ユーザーが本当に求めていることを考え、提供できるようになっていきたいと考えています。開発スキルを高め続けることは当たり前ですが、対象の業界やユーザーについて調べ、ユーザーのニーズを理解するということもやっていきたいです。

また、これまでチームで開発を進めてきた経験が少ないので、チームで仕事をすること、ゆくゆくはチームをまとめることにも挑戦していきたいと考えています。

取材時期:2020年11月

入社して生まれ変わったこと。

海外に対する意識が変わりました!

仕事で行った海外出張が人生初の海外でした。海外に対しては抵抗があったのですが、今は何ともありません。グローバル化が進む中で良いきっかけになったと思っています。英語も勉強して、もっとコミュニケーションを取れるようになっていきたいです。